印刷方法

名刺の印刷方法ですが、「デジタル印刷」「オフセット印刷」がメインとなっています。デジタル印刷はインクでなくトナーが使用されており、手軽に1枚からでも簡単に印刷することができます。オフセット印刷は、従来の印刷会社などが行っている印刷方法であり、オフセット印刷機を使って印刷を行います。オフセット印刷にはインクが使われていますから、仕上がりがキレイで大量印刷できます。数多く名刺を印刷すればするほど、単価が下がりますから、名刺を安く作りたい場合に向いている印刷方法でしょう。

名刺また、「オンデマンド印刷」とも呼ばれていますが、「必要なものを必要な時に、必要な部数だけ印刷する」方法です。一般的にカラーレーザー印刷機を使用する場合に、「オンデマンド印刷」と呼んでいます。デジタル印刷は、オンデマンド印刷に含まれます。「オンデマンド印刷」と呼んでいる印刷会社もありますから、覚えておいてください。

「デジタル印刷」と「オフセット印刷」でどちらがいいかですが、クオリティが高く、大量の名刺を作りたい場合には「オフセット印刷」名刺に品質を求めておらず少ない枚数で作りたい場合などは、「デジタル印刷」の方が適しているのではないでしょうか。

 

 

 

個性的な名刺を個人で印刷する方法

名刺はビジネスの必須アイテムですが、名刺だけで仕事がもらえる訳ではありません。実際に社会人として仕事をする場合には多くの名刺を交換する機会がありますが、その中で仕事に結びつくことはほんの一握りです。このようなことは、当たり前のことであり、配った名刺の数と仕事の受注件数は必ずしも比例しません。そこで、名刺に工夫を行うことで、営業先に印象づけることが大切になります。

実際には、名刺をカラーにすることは当たり前で、個人のプロフィールや会社の概要をイラストなどで記載することも必要です。また、顔写真を載せることも相手に印象付けるのことが出来る有効な手段となります。さらに面白いアイデアとしては、クイズや雑学などを載せることで印象に残す方法もあります。これらの名刺は家庭用のパソコンで簡単に編集することが出来る上に、印刷も家庭用のプリンターで可能なことから、個人的な趣味で行うことも可能となっています。名刺の工夫だけで仕事がもらえるのであれば、やって損はないと思います。

 

名刺を家庭用プリンターで印刷してみよう

会社で営業マンが使う名刺は、便利で格好いいものです。しかし、名刺というのはなにも営業マンだけが持つツールではないのです。たとえば、家庭にいる一主婦や、学生であっても、名刺を持つことは可能です。その証拠に、電気屋さんなどに行ってみると、パソコンの周辺機器やOA用品のあたりにある用紙に、名刺用の物が売っています。最初から点線があって、はさみがなくても綺麗に切り取れる便利なものまであります。これを使って、印刷すればよいのです。

プリンターにはたいてい、こういった用紙の設定があらかじめ入っていますので、そう難しい設定も必要ありません。とはいっても、名刺になにを入力するのか、ということですが、名前、住所、メールアドレスなどのほか、趣味でやっているブログのアドレス、子供の写真など、自由に使っていただいて構わないのです。携帯の赤外線の使い方にあたふたするよりも、あとで登録してもらうよう、名刺を渡す、というのも、なかなかにスマートでおすすめの方法です。

 

悩むインパクトある名刺

印刷会社にいた時にいろんな名刺をいただいたが印象に残る名刺はと言われるとなかなか出てきません。名刺交換した時にまずは名前を見ますがインパクトある苗字の方なら印象に残りますが名刺のデザインで記憶に残るのもは少ないです。顔写真や似顔絵が入っているものやデザイナーが凝って作ったものなどいろいろ工夫はしてありますが、人物と一致しない方が多いです。

私はそこで考えたのはコメントを書き込める名刺です。名前の下に第一印象を書き込んでくださいと入れて相手に私の印象を覚えていただくようにしました。座って話をする時に記入してもらえば整理する時にどんな人だったか思い出してくれますし他の人には無い特徴ですから覚えてくれます。自分を表現するための名刺ですからデザインも大切ですが顔が一致することが一番です。どうやって相手に覚えてもらうか、どうやって好印象を与えるのかを考えて奇抜なものを作るより相手が使って記憶に残る作り方をした方が良いと思います。

Pocket

用紙の素材

名刺は、使われている用紙の素材によって印刷の仕上がりが違ってきます。一般的な名刺に使われているのは、「上質紙」です。紙の素材によって印刷の単価が違ってきますから、注意が必要です。印刷後の仕上がりが面白いからといって、用紙の値段を考えずに発注すると、請求された金額が大きくなって驚かされる場合があるようです。名刺は、100枚単位などでまとめて作成されます。

用紙の厚さ用紙の厚さも、使われている用紙の素材により異なります。名刺は、「コート紙100kg」というように「斤量(きんりょう)」という単位を用いてあらわされます。斤量の数値が高いほど紙が厚くなります。ただし、斤量の数値が同じでも、用紙の素材によって厚さは異なってくるようです。

表面に光沢のある用紙は「コート紙」ツヤ消しを施してある光沢の出ないタイプは「マット紙」です。ほかに、厚手で固い「ケント紙」表面がカサカサした感じに加工してある「クラフト紙」などがあります。プラスチックや和紙など、特殊な紙質の用紙で名刺を作ることができますが、値段が高くなります。同じ用紙でも、色を変えることでかなり雰囲気が異なりますし、キラキラしたパールの入った用紙やラメ入りの用紙がありますから、それぞれの用紙でバリエーションが出せます。

 

名刺は顔だからこそ印刷にこだわりたい。

カラフルな印刷、デザインに凝ったもの、いろんな素材、QRコードがついたモノなど、ビジネスの世界で生きていると、それはそれは様々な名刺と出会います。しかし、本当に人に受け入れられる名刺とはどんなものでしょうか。実は、シンプルすぎるほどシンプルなものほど受け入れられるのです。私が勤めていた会社の社長は、それはそれは名刺にこだわりを持ってらっしゃいました。名刺は会社の顔、だからこそ名刺を変に遊んではいけない。実際に大手企業のトップになればなるほど、名刺は、あまりにもシンプルなものです。日本人だからと縦書きの名刺を拝借した時には、やはり品格のようなものを感じるときもあります。

ここで、当時の社長がこだわっていた名刺について何点かお話します。まずは、情報。情報とは、会社名、氏名、会社の住所、連絡先などです。一番大切なのは氏名なので、氏名は大きく目立つようにします。会社名はできるだけ分かりやすく小さくします。そして、フォント。フォントは明朝体がベスト。行書などにこだわる場合は縦書きにする方が良いです。さらに斜め文字は使わない。ここにこだわりがあります。斜め文字はやはり遊び心につながります。基準は前述したとおり、まじめなモノが良い。紙は、シンプルに白かクリーム色のいわゆる白系ですね。会社の刻印があれば尚品格があがります。会社の顔を汚さないように、良い名刺印刷を心掛けたいですね。

 

名刺で重視される情報とは

近年持とうと思えば、気軽に持つことができるようになった名刺。名刺は働く人にとって、自分の顔ともいえる大事なアイテムです。 ですが名刺を適当に作ったりしていませんか。名刺は自分の先の仕事に繋がる大事なアイテムです。だからこそしっかりとしたデザインの名刺を持ちたいものです。 また名刺には重視される情報があります。特に重視されるのが名前です。名前は大きく分かりやすく記載しましょう。名前や会社がすぐに分からない名刺は持っていても意味がありません。

名刺で記載すべき情報の中で、名前の次に重視されるのは電話番号です。電話番号は取引するにあたって、名前の次に重視されるポイントです。電話番号は名刺を見てすぐ分かる位置、大きさで記載しましょう。次の取り引きに繋がりやすくなります。 また電話番号で最近記載することが多くなった携帯電話の番号ですが、できれば固定電話の番号を一番目に書くと良いでしょう。個人同士の取引ならば構いませんが、取り引き相手が会社ならば、できれば固定電話の番号を記載しましょう。

Pocket

名刺のデザイン

名刺作成サービスには決まった「テンプレート」があり、使われるテンプレートによりデザインが違ってきます。また、印刷会社が用意しているテンプレートを使わずに、自分が考えたデザインで名刺を作成することも可能です。

名刺の種類どこの印刷会社でも、豊富にテンプレートをそろえていますから、手軽に名刺を作ることができます。デザインを選ぶと同時に、色や文字の書体を指定しましょう。濃い色の名刺を作る場合には明るい文字の書体、薄い色の名刺を作る場合は文字の色を濃くすると、文章がハッキリ読めます。名前は住所より大きめの書体で、名刺を受け取った人が読み取りやすいように文字を配置するとよいでしょう。

名刺のデザインを考える場合のコツですが、誰からもらった名刺なのか覚えやすいように、特徴のあるデザインが良いでしょう。たとえば、あなたが歯医者さんの場合なら、歯に関連したイラストなどを入れておくとか、ネイルの仕事をしている場合は、手の爪の画像を挿入したりすることで、「こんな仕事をしている人である」と覚えてもらいやすくなるでしょう。デザインに凝るだけでなく、ほかの人の名刺より目立ちやすくするために、プラスチックや和紙などの特殊な素材を用いて作成する人もいるようです。

 

一度見たら忘れられない名刺をデザインしたいです

私の勤める会社は、全部で10名程度の小さい会社ですので、名刺は外に注文せずに自分達で作る事にしていました。普段なら事務仕事をしてくれている人がデザインまでやってくれるのですが、一ヶ月間もの長期に渡る出張に行ってしまい、名刺が足りなくなってしまったので、足りない人は自分で作るように、社長から指示がありました。今までは、その人に任せきりだったので、デザインの仕方はもとより、どうやって印刷したら良いのかも分からず途方に暮れてしまいました。

しかし、営業職の人は名刺を使わない訳にはいきませんので、みんなそれぞれ、自分のイメージで名刺を作る事にしました。年配の方は社名と肩書き、自分の名前だけのシンプルなものですが、若い人やちょっと洒落のきいた人だと、いろんな工夫をこらした名刺を作ってきます。写真入りの名刺はもちろん、中には自分で書いた油絵を下地にして、まるでポストカードのような名刺をデザインした人もいました。名刺は自分の顔と言いますから、それぞれ、こだわりがあるのでしょう。

 

名刺デザインは重視すべきポイント

ビジネスの世界で欠かせないもの、それが名刺。はじめて人と会うときは、名刺が自分の顔ともいえる、大事なアイテムとなります。名刺もまたビジネスの世界で成功するために、欠かせないものなのです。 だからこそこだわりたいのが、名刺のデザイン。名刺のデザインが初めて会う人にとって、あなたの第一印象を決定づける要素となっているといっても良いでしょう。今回はそんな名刺のデザインについて説明をします。名刺デザインはこだわりたいものです。

名刺のデザインは、ビジネスの分野によって様々です。普通のビジネスの場合は、シンプルで情報が見やすいデザイン。デザイン系などの個性が重視される分野の仕事の場合は、あなたがどういう作品を手がけているのか分かる、絵や模様などが描かれた個性的な名刺が好まれます。このように、ビジネスの分野によってデザインを使い分けることで、初めて会うビジネスパートナーに、あなたの良さを更に際立たせて見せることができるのです。

 

名刺のデザインについて思うこと

名刺のデザインについて、私が感じたことをお話します。私は、仕事をしているときには、必ずそれを持っていました。そして、会った人に対してすぐに渡すことができるように持ち歩いていたのでした。そのため、私の名刺はすぐになくなっていました。そして、なくなると、私は楽しみがありました。それは、なくなるたびに、新しいものを作るときに、新しいデザインを考えていたからです。ですから、毎回、バージョンアップしていったのです。

そして、その名刺を新しく作るときに、思ったことは、今までに、もらって印象深かったものを参考にしようと思っていました。私は今までに沢山の名刺をもらってきました。その中には、たいへん個性的な名刺もあったのです。個性的なものは、名刺を見るだけで、あの人であると思い浮かべることができるのです。ですから、私の名刺も、個性的なものにしていったのです。そうすることによって、より印象つけることができるからです。

Pocket

名刺作成サービス

会社で仕事に使う名刺や個人で名刺を作る場合など、便利な名刺作成サービスがあります。名刺作成サービスを利用する際に、紙の素材やデザインを選択することができます。いろんな紙の素材がありますし、デザインを自分で考えることもできます。

名刺作成サービスでは、「デジタル印刷」や「オフセット印刷」で名刺が作られます。デジタル印刷とオフセット印刷の大きな違いは、デジタル印刷がトナーで印刷するのに対して、オフセット印刷ではインクが使われています。どちらが名刺の印刷に適しているかですが、大量に作成したい場合はオフセット印刷、枚数が少ない場合はデジタル印刷が向いていると言われています。インクは液体ですが、トナーは粉末なので、紙の素材によっては印刷後の仕上がりが違ってきます。紙の素材を選ぶ際に、印刷方法も考える必要があるでしょう。

名刺に使われることの多い素材は、「上質紙」です。ほかに表面に光沢のある「コート紙」や、ツヤ消しを施してある「マット紙」などがあります。名刺作成サービスをご利用になる場合は、最初に紙の素材を選んだら、その素材に合う印刷方法を選び、最後にデザインを決めることになるでしょう。デザインは、豊富なテンプレートの中から選ぶことができます

名刺作成サービスを利用する際に、意外に重要なのは「納品日」です。納品日は、印刷会社により違いがあります。名刺が切れたときに、すぐに必要になる場合がありますから、納品日の早いところに注文した方が良いのではないでしょうか。

 

自分好みのデザインで名刺ができるネットプリントのサービス。

ネット名刺はビジネスパーソンにとっては顔であり、自分の分身のような存在です。最近は個性的な名刺が増え、法人だけでなく、個人でも自分のアピール用として名刺を持つ方が増えています。サークルや婚活など自分をアピールするためのものなのですが、婚活用であれば、自分の趣味や大切にしていることを載せたり、サークル用であれば、チームや活動内容をアピールするのも名刺の活用法です。身近な情報発信ツールとして名刺は効果的です。それをどう活かすか、デザインと同時に活用アイデアも広がっています。

名刺作成はネットが便利です。最近の傾向として、専用のソフトを持っていなくても自分の好みのデザインを用意されたテンプレートを使って組み立てることができるサイトもあります。名刺のネットプリントは短納期を主体としているので紙質を限定しているところが多いのですが、マット紙など写真やロゴの見栄えが良いものでプリントしてくれるサイトもあるので要チェックです。価格もさることながら、自分の好きなデザインで組める点は、名刺のネットプリントの大きな魅力の一つです。

 

初めての名刺作成をネットで注文してみました。

今年の春、生まれて初めて自分の名刺を作りました。カウンセリングなどの資格を生かして、仕事をしていくための第一歩。それでも、今まで作ったことが無いだけに、お店に出向いて作る勇気もなく、デザインから注文までをセルフオーダーするネットショップに注文を依頼しました。テンプレートはとても豊富で、好きなようにレイアウトもできます。何度も手直しをして、確認をして、数時間を掛けて、ようやく納得のいくデザインを作り上げました。値段も思ったほど高くはなく、『とりあえず作る』程度なら、申し分ないと思いました。…が、仕上がった名刺が届いてがっかりしました。確かに、私の作ったデザインそのものではあるのですが、思ったよりも文字が小さく思えたり、微妙に位置もずれているような感じでした。友人に見せても、やはりその違和感を指摘されました。確かに、デザインから何からを自分自身で行えばコストは低く抑えられます。でもやはり、それには失敗するかもしれないリスクも多く含まれていると思いました。プロはプロ。素人は所詮素人…といったところでしょうか。今度名刺を作成する時は、ちゃんとお店に行って、プロに相談しながら注文をしようと思います。

Pocket