印刷方法

名刺の印刷方法ですが、「デジタル印刷」「オフセット印刷」がメインとなっています。デジタル印刷はインクでなくトナーが使用されており、手軽に1枚からでも簡単に印刷することができます。オフセット印刷は、従来の印刷会社などが行っている印刷方法であり、オフセット印刷機を使って印刷を行います。オフセット印刷にはインクが使われていますから、仕上がりがキレイで大量印刷できます。数多く名刺を印刷すればするほど、単価が下がりますから、名刺を安く作りたい場合に向いている印刷方法でしょう。

名刺また、「オンデマンド印刷」とも呼ばれていますが、「必要なものを必要な時に、必要な部数だけ印刷する」方法です。一般的にカラーレーザー印刷機を使用する場合に、「オンデマンド印刷」と呼んでいます。デジタル印刷は、オンデマンド印刷に含まれます。「オンデマンド印刷」と呼んでいる印刷会社もありますから、覚えておいてください。

「デジタル印刷」と「オフセット印刷」でどちらがいいかですが、クオリティが高く、大量の名刺を作りたい場合には「オフセット印刷」名刺に品質を求めておらず少ない枚数で作りたい場合などは、「デジタル印刷」の方が適しているのではないでしょうか。

Pocket

用紙の素材

名刺は、使われている用紙の素材によって印刷の仕上がりが違ってきます。一般的な名刺に使われているのは、「上質紙」です。紙の素材によって印刷の単価が違ってきますから、注意が必要です。印刷後の仕上がりが面白いからといって、用紙の値段を考えずに発注すると、請求された金額が大きくなって驚かされる場合があるようです。名刺は、100枚単位などでまとめて作成されます。

用紙の厚さも、使われている用紙の素材により異なります。名刺は、「コート紙100kg」というように「斤量(きんりょう)」という単位を用いてあらわされます。斤量の数値が高いほど紙が厚くなります。ただし、斤量の数値が同じでも、用紙の素材によって厚さは異なってくるようです。

表面に光沢のある用紙は「コート紙」ツヤ消しを施してある光沢の出ないタイプは「マット紙」です。ほかに、厚手で固い「ケント紙」表面がカサカサした感じに加工してある「クラフト紙」などがあります。プラスチックや和紙など、特殊な紙質の用紙で名刺を作ることができますが、値段が高くなります。同じ用紙でも、色を変えることでかなり雰囲気が異なりますし、キラキラしたパールの入った用紙やラメ入りの用紙がありますから、それぞれの用紙でバリエーションが出せます。

Pocket

名刺のデザイン

名刺作成サービスには決まった「テンプレート」があり、使われるテンプレートによりデザインが違ってきます。また、印刷会社が用意しているテンプレートを使わずに、自分が考えたデザインで名刺を作成することも可能です。

名刺の種類どこの印刷会社でも、豊富にテンプレートをそろえていますから、手軽に名刺を作ることができます。デザインを選ぶと同時に、色や文字の書体を指定しましょう。濃い色の名刺を作る場合には明るい文字の書体、薄い色の名刺を作る場合は文字の色を濃くすると、文章がハッキリ読めます。名前は住所より大きめの書体で、名刺を受け取った人が読み取りやすいように文字を配置するとよいでしょう。

名刺のデザインを考える場合のコツですが、誰からもらった名刺なのか覚えやすいように、特徴のあるデザインが良いでしょう。たとえば、あなたが歯医者さんの場合なら、歯に関連したイラストなどを入れておくとか、ネイルの仕事をしている場合は、手の爪の画像を挿入したりすることで、「こんな仕事をしている人である」と覚えてもらいやすくなるでしょう。デザインに凝るだけでなく、ほかの人の名刺より目立ちやすくするために、プラスチックや和紙などの特殊な素材を用いて作成する人もいるようです。

Pocket

名刺作成サービス

会社で仕事に使う名刺や個人で名刺を作る場合など、便利な名刺作成サービスがあります。名刺作成サービスを利用する際に、紙の素材やデザインを選択することができます。いろんな紙の素材がありますし、デザインを自分で考えることもできます。

名刺作成サービスでは、「デジタル印刷」や「オフセット印刷」で名刺が作られます。デジタル印刷とオフセット印刷の大きな違いは、デジタル印刷がトナーで印刷するのに対して、オフセット印刷ではインクが使われています。どちらが名刺の印刷に適しているかですが、大量に作成したい場合はオフセット印刷、枚数が少ない場合はデジタル印刷が向いていると言われています。インクは液体ですが、トナーは粉末なので、紙の素材によっては印刷後の仕上がりが違ってきます。紙の素材を選ぶ際に、印刷方法も考える必要があるでしょう。

名刺に使われることの多い素材は、「上質紙」です。ほかに表面に光沢のある「コート紙」や、ツヤ消しを施してある「マット紙」などがあります。名刺作成サービスをご利用になる場合は、最初に紙の素材を選んだら、その素材に合う印刷方法を選び、最後にデザインを決めることになるでしょう。デザインは、豊富なテンプレートの中から選ぶことができます

名刺作成サービスを利用する際に、意外に重要なのは「納品日」です。納品日は、印刷会社により違いがあります。名刺が切れたときに、すぐに必要になる場合がありますから、納品日の早いところに注文した方が良いのではないでしょうか。

Pocket