名刺のデザイン

名刺作成サービスには決まった「テンプレート」があり、使われるテンプレートによりデザインが違ってきます。また、印刷会社が用意しているテンプレートを使わずに、自分が考えたデザインで名刺を作成することも可能です。

名刺の種類どこの印刷会社でも、豊富にテンプレートをそろえていますから、手軽に名刺を作ることができます。デザインを選ぶと同時に、色や文字の書体を指定しましょう。濃い色の名刺を作る場合には明るい文字の書体、薄い色の名刺を作る場合は文字の色を濃くすると、文章がハッキリ読めます。名前は住所より大きめの書体で、名刺を受け取った人が読み取りやすいように文字を配置するとよいでしょう。

名刺のデザインを考える場合のコツですが、誰からもらった名刺なのか覚えやすいように、特徴のあるデザインが良いでしょう。たとえば、あなたが歯医者さんの場合なら、歯に関連したイラストなどを入れておくとか、ネイルの仕事をしている場合は、手の爪の画像を挿入したりすることで、「こんな仕事をしている人である」と覚えてもらいやすくなるでしょう。デザインに凝るだけでなく、ほかの人の名刺より目立ちやすくするために、プラスチックや和紙などの特殊な素材を用いて作成する人もいるようです。

 

一度見たら忘れられない名刺をデザインしたいです

私の勤める会社は、全部で10名程度の小さい会社ですので、名刺は外に注文せずに自分達で作る事にしていました。普段なら事務仕事をしてくれている人がデザインまでやってくれるのですが、一ヶ月間もの長期に渡る出張に行ってしまい、名刺が足りなくなってしまったので、足りない人は自分で作るように、社長から指示がありました。今までは、その人に任せきりだったので、デザインの仕方はもとより、どうやって印刷したら良いのかも分からず途方に暮れてしまいました。

しかし、営業職の人は名刺を使わない訳にはいきませんので、みんなそれぞれ、自分のイメージで名刺を作る事にしました。年配の方は社名と肩書き、自分の名前だけのシンプルなものですが、若い人やちょっと洒落のきいた人だと、いろんな工夫をこらした名刺を作ってきます。写真入りの名刺はもちろん、中には自分で書いた油絵を下地にして、まるでポストカードのような名刺をデザインした人もいました。名刺は自分の顔と言いますから、それぞれ、こだわりがあるのでしょう。

 

名刺デザインは重視すべきポイント

ビジネスの世界で欠かせないもの、それが名刺。はじめて人と会うときは、名刺が自分の顔ともいえる、大事なアイテムとなります。名刺もまたビジネスの世界で成功するために、欠かせないものなのです。 だからこそこだわりたいのが、名刺のデザイン。名刺のデザインが初めて会う人にとって、あなたの第一印象を決定づける要素となっているといっても良いでしょう。今回はそんな名刺のデザインについて説明をします。名刺デザインはこだわりたいものです。

名刺のデザインは、ビジネスの分野によって様々です。普通のビジネスの場合は、シンプルで情報が見やすいデザイン。デザイン系などの個性が重視される分野の仕事の場合は、あなたがどういう作品を手がけているのか分かる、絵や模様などが描かれた個性的な名刺が好まれます。このように、ビジネスの分野によってデザインを使い分けることで、初めて会うビジネスパートナーに、あなたの良さを更に際立たせて見せることができるのです。

 

名刺のデザインについて思うこと

名刺のデザインについて、私が感じたことをお話します。私は、仕事をしているときには、必ずそれを持っていました。そして、会った人に対してすぐに渡すことができるように持ち歩いていたのでした。そのため、私の名刺はすぐになくなっていました。そして、なくなると、私は楽しみがありました。それは、なくなるたびに、新しいものを作るときに、新しいデザインを考えていたからです。ですから、毎回、バージョンアップしていったのです。

そして、その名刺を新しく作るときに、思ったことは、今までに、もらって印象深かったものを参考にしようと思っていました。私は今までに沢山の名刺をもらってきました。その中には、たいへん個性的な名刺もあったのです。個性的なものは、名刺を見るだけで、あの人であると思い浮かべることができるのです。ですから、私の名刺も、個性的なものにしていったのです。そうすることによって、より印象つけることができるからです。

Pocket