名刺作成サービス

会社で仕事に使う名刺や個人で名刺を作る場合など、便利な名刺作成サービスがあります。名刺作成サービスを利用する際に、紙の素材やデザインを選択することができます。いろんな紙の素材がありますし、デザインを自分で考えることもできます。

名刺作成サービスでは、「デジタル印刷」や「オフセット印刷」で名刺が作られます。デジタル印刷とオフセット印刷の大きな違いは、デジタル印刷がトナーで印刷するのに対して、オフセット印刷ではインクが使われています。どちらが名刺の印刷に適しているかですが、大量に作成したい場合はオフセット印刷、枚数が少ない場合はデジタル印刷が向いていると言われています。インクは液体ですが、トナーは粉末なので、紙の素材によっては印刷後の仕上がりが違ってきます。紙の素材を選ぶ際に、印刷方法も考える必要があるでしょう。

名刺に使われることの多い素材は、「上質紙」です。ほかに表面に光沢のある「コート紙」や、ツヤ消しを施してある「マット紙」などがあります。名刺作成サービスをご利用になる場合は、最初に紙の素材を選んだら、その素材に合う印刷方法を選び、最後にデザインを決めることになるでしょう。デザインは、豊富なテンプレートの中から選ぶことができます

名刺作成サービスを利用する際に、意外に重要なのは「納品日」です。納品日は、印刷会社により違いがあります。名刺が切れたときに、すぐに必要になる場合がありますから、納品日の早いところに注文した方が良いのではないでしょうか。

 

自分好みのデザインで名刺ができるネットプリントのサービス。

ネット名刺はビジネスパーソンにとっては顔であり、自分の分身のような存在です。最近は個性的な名刺が増え、法人だけでなく、個人でも自分のアピール用として名刺を持つ方が増えています。サークルや婚活など自分をアピールするためのものなのですが、婚活用であれば、自分の趣味や大切にしていることを載せたり、サークル用であれば、チームや活動内容をアピールするのも名刺の活用法です。身近な情報発信ツールとして名刺は効果的です。それをどう活かすか、デザインと同時に活用アイデアも広がっています。

名刺作成はネットが便利です。最近の傾向として、専用のソフトを持っていなくても自分の好みのデザインを用意されたテンプレートを使って組み立てることができるサイトもあります。名刺のネットプリントは短納期を主体としているので紙質を限定しているところが多いのですが、マット紙など写真やロゴの見栄えが良いものでプリントしてくれるサイトもあるので要チェックです。価格もさることながら、自分の好きなデザインで組める点は、名刺のネットプリントの大きな魅力の一つです。

 

初めての名刺作成をネットで注文してみました。

今年の春、生まれて初めて自分の名刺を作りました。カウンセリングなどの資格を生かして、仕事をしていくための第一歩。それでも、今まで作ったことが無いだけに、お店に出向いて作る勇気もなく、デザインから注文までをセルフオーダーするネットショップに注文を依頼しました。テンプレートはとても豊富で、好きなようにレイアウトもできます。何度も手直しをして、確認をして、数時間を掛けて、ようやく納得のいくデザインを作り上げました。値段も思ったほど高くはなく、『とりあえず作る』程度なら、申し分ないと思いました。…が、仕上がった名刺が届いてがっかりしました。確かに、私の作ったデザインそのものではあるのですが、思ったよりも文字が小さく思えたり、微妙に位置もずれているような感じでした。友人に見せても、やはりその違和感を指摘されました。確かに、デザインから何からを自分自身で行えばコストは低く抑えられます。でもやはり、それには失敗するかもしれないリスクも多く含まれていると思いました。プロはプロ。素人は所詮素人…といったところでしょうか。今度名刺を作成する時は、ちゃんとお店に行って、プロに相談しながら注文をしようと思います。

Pocket