印刷方法

名刺の印刷方法ですが、「デジタル印刷」「オフセット印刷」がメインとなっています。デジタル印刷はインクでなくトナーが使用されており、手軽に1枚からでも簡単に印刷することができます。オフセット印刷は、従来の印刷会社などが行っている印刷方法であり、オフセット印刷機を使って印刷を行います。オフセット印刷にはインクが使われていますから、仕上がりがキレイで大量印刷できます。数多く名刺を印刷すればするほど、単価が下がりますから、名刺を安く作りたい場合に向いている印刷方法でしょう。

名刺また、「オンデマンド印刷」とも呼ばれていますが、「必要なものを必要な時に、必要な部数だけ印刷する」方法です。一般的にカラーレーザー印刷機を使用する場合に、「オンデマンド印刷」と呼んでいます。デジタル印刷は、オンデマンド印刷に含まれます。「オンデマンド印刷」と呼んでいる印刷会社もありますから、覚えておいてください。

「デジタル印刷」と「オフセット印刷」でどちらがいいかですが、クオリティが高く、大量の名刺を作りたい場合には「オフセット印刷」名刺に品質を求めておらず少ない枚数で作りたい場合などは、「デジタル印刷」の方が適しているのではないでしょうか。

 

 

 

個性的な名刺を個人で印刷する方法

名刺はビジネスの必須アイテムですが、名刺だけで仕事がもらえる訳ではありません。実際に社会人として仕事をする場合には多くの名刺を交換する機会がありますが、その中で仕事に結びつくことはほんの一握りです。このようなことは、当たり前のことであり、配った名刺の数と仕事の受注件数は必ずしも比例しません。そこで、名刺に工夫を行うことで、営業先に印象づけることが大切になります。

実際には、名刺をカラーにすることは当たり前で、個人のプロフィールや会社の概要をイラストなどで記載することも必要です。また、顔写真を載せることも相手に印象付けるのことが出来る有効な手段となります。さらに面白いアイデアとしては、クイズや雑学などを載せることで印象に残す方法もあります。これらの名刺は家庭用のパソコンで簡単に編集することが出来る上に、印刷も家庭用のプリンターで可能なことから、個人的な趣味で行うことも可能となっています。名刺の工夫だけで仕事がもらえるのであれば、やって損はないと思います。

 

名刺を家庭用プリンターで印刷してみよう

会社で営業マンが使う名刺は、便利で格好いいものです。しかし、名刺というのはなにも営業マンだけが持つツールではないのです。たとえば、家庭にいる一主婦や、学生であっても、名刺を持つことは可能です。その証拠に、電気屋さんなどに行ってみると、パソコンの周辺機器やOA用品のあたりにある用紙に、名刺用の物が売っています。最初から点線があって、はさみがなくても綺麗に切り取れる便利なものまであります。これを使って、印刷すればよいのです。

プリンターにはたいてい、こういった用紙の設定があらかじめ入っていますので、そう難しい設定も必要ありません。とはいっても、名刺になにを入力するのか、ということですが、名前、住所、メールアドレスなどのほか、趣味でやっているブログのアドレス、子供の写真など、自由に使っていただいて構わないのです。携帯の赤外線の使い方にあたふたするよりも、あとで登録してもらうよう、名刺を渡す、というのも、なかなかにスマートでおすすめの方法です。

 

悩むインパクトある名刺

印刷会社にいた時にいろんな名刺をいただいたが印象に残る名刺はと言われるとなかなか出てきません。名刺交換した時にまずは名前を見ますがインパクトある苗字の方なら印象に残りますが名刺のデザインで記憶に残るのもは少ないです。顔写真や似顔絵が入っているものやデザイナーが凝って作ったものなどいろいろ工夫はしてありますが、人物と一致しない方が多いです。

私はそこで考えたのはコメントを書き込める名刺です。名前の下に第一印象を書き込んでくださいと入れて相手に私の印象を覚えていただくようにしました。座って話をする時に記入してもらえば整理する時にどんな人だったか思い出してくれますし他の人には無い特徴ですから覚えてくれます。自分を表現するための名刺ですからデザインも大切ですが顔が一致することが一番です。どうやって相手に覚えてもらうか、どうやって好印象を与えるのかを考えて奇抜なものを作るより相手が使って記憶に残る作り方をした方が良いと思います。

Pocket